ばら広場成長の歴史

【このページの画像はクリックすると大きな画像で見ることができます。】



●2001年(平成13年)12月

2001年12月、野津田公園ばら広場にてばら苗の初植えの様子です。奥の方にまだ大きな養鶏場がありました。この広い広場を機械を使わず、手作業で土を掘り起こし、肥料やたい肥を入れてばら広場創りをしました。

 

 

 

 

 

 




●2002年(平成14年)10月

ばらは2001年(平成13年)12月に初植樹されましたので、この時点ではまだまだといった感じです。








●2003年(平成15年)5月

2003年(平成15年)は看板や表札なども充実し、ばら広場らしくなってきました。まもなく一斉に花開くであろう蕾が鈴鳴になっています。公園緑地課と町田ばら会で雑草を抜くなどの整備をしているところです。なお、このばら広場は、この6月から正式に一般公開されました。








●2004年(平成16年)11月

ばらも順調に育ち、どんどん大きくなってきています。「ばら広場」としての公園整備も進み、公園内道路の案内板やばら広場を示す柵、ばらの品種や名称を示す名札などの設置がほぼ完了しました。











●2005年(平成17年)6月

この年の春ばらはばら広場の成熟した様相を呈しています。花は咲き乱れ、香を振りまき、沢山の方がばら広場を訪れました。ばらの品種も随分増えました。













●2006年(平成18年)6月

今年も見事に沢山のばらが咲き誇っています。









●2008年(平成20年)5月

ばら広場としての知名度も徐々に上がってきました。芝もきれいに刈られ、ばらの最盛期に向けて準備万端です。








●2009年(平成21年)5月

身長ほどに生長したばらを、間近で楽しむことが出来ます。






●2009年(平成21年)11月

秋のばらです。花数は少ないものの、一つ一つがとてもキレイです。ばら回りの雑草の処理は、これまで公園管理者とボランティアの方々の人海戦術で対応してきましたが、今年はばらの根元周りに雑草防止シートを張りました。管理作業はこれでぐっと楽になります。
       (町田ばら会の小田先生による現地実験で、通水性と除草性が確認されたものです)







2010年野津田ばら広場へ進む
トップへ戻る




【野津田公園全景】
クリックすると拡大します。


【野津田ばら広場配置図】
クリックすると拡大します。